トップページ → カーシェアリングは経済的にお得?

カーシェアリングは経済的にお得?

今、急増していると言っても過言は無い勢いのカーシェアリング、実際にどのくらいの人に利用されているのでしょうか。カーシェアリングが普及し始めたのは2009年ころのことでした。2010年には2万人に満たなかった会員数も、翌年になると5倍近くの10万人となり、そして2012年には17万人近くの利用者がいます。

 

普及からわずか3年で約10倍にまでなった注目のカーシェアリングということになるわけです。それではなぜそれほどまでに利用者が急増しているのでしょうか。やはりそれは経済的ということが挙げられるでしょう。

 

自家用車を所有する場合には必要な維持費の項目は非常に多くなります。ガソリン代、洗車代など日ごろのものはもちろんのこと、定期的にオイル交換、タイヤ交換が必要であり、故障した時にはその修理費用もかかります。最も高くなるのは車検代金と税金ではないでしょうか。そうなると軽自動車でも平均で45万円が年間にかかる維持費となります。

 

車が大きくなるにつれその維持費は上がっていきます。車を利用する人であればあるほどにその維持費も上がっていくものです。カーシェアリングではその維持費が一切かからず非常に経済的です。初期費用は僅かにかかりますが、その他は月額料金とそして利用する時にだけかかる利用料金だけです。

 

移動にかかる手段としてタクシーやレンタカー、電車がありますがそれよりも手軽であったりまたは交通費や移動費を抑えることが出来ます。注目の理由、それは経済的であるということになるでしょう。